Wednesday, 6 July 2005

Audition for Carol Brown Dances

Carol Brown is a choreogrpaher who works on installation, technology and site-specific works in collaboration with architects or visual artists most times. I was invited to her audition at Roehampton University where she teaches. It was unusual audition because there were only five people. Normally, we see 50 or 100 people in a audition....how awful. The audition was workshop style so I felt I could work and show something properly. We spent three hours dancing sequences given by Carol and improvising based on some tasks. I will know the result in a week or so, but I am trying not to worry about it. I know auditions are not to judge a dancer but it is to choose a dancer for a particular work. Let's see...

CAROL BROWN DANCES

キャロル・ブラウンはニュージーランド出身ですがロンドンで活躍する振付家。建築家やビジュアルアーティストとのコラボレーションによりインスタレーションやテクノロジー,サイト・スペシフィック(って日本語でなんて言うのでしょう? どなたか教えてください)といった従来の劇場舞台で上演されるダンスとは異なったダンスを創ります。この振付家には前から興味があったので,偶然出会う機会があったときにちょっと売り込みをしておいたらオーディションに呼んでもらえました。普通オーディションというと50人や100人もの人が来ていてそれだけでうんざりしますが,今日のオーデションはたった5人だけ。ワークショップ形式で,3時間の間に与えられたダンスを踊るほか,キャロルの指示に基づいたインプロを行い,私としても充実して見せれるものは見せたと感じられるオーディションでした。結果は1週間ほどでわかりますが,あまり結果にとらわれないようにしています。オーディションはダンサーとしての能力を見るというものではなく,特定の作品の為に,それにあった人を選ぶということですから。。。

1 comment:

katsurabbit said...

I got this job!!!

This is a project called Woking Galleries project - Topos - . We will be performing in the ceremony on 21 September.